活動案内

[参加募集]民間航空機セキュリティセミナー

  • 2021.7.2

近年、民間航空機におけるサイバーセキュリティの重要性が高まっている。民間航空機のセキュリティとして現在何が求められているのかを明らかにし、セキュリティ関連ガイドラインのDO-326A、DO-356Aの理解を深めることにより、今後、航空機開発、装備品開発において必要となるセキュリティ関連技術の基礎を習得する。

セミナー内容

  1. 航空機におけるセキュリティ動向
    現在、航空機が抱えているセキュリティの問題とそれらのセキュリティ対策として機体レベルから装備品レベルまでで何をやらなければならないのかを解説し、今後必要となる技術を提示する。
  2. DO-326A、DO-356Aの概要
    航空機のセキュリティのガイドランとして制定されたDO-326A、DO-356Aの概要について紹介し、そのセキュリティに関連する枠組みを理解する。
  3. セキュリティ分析の方法論、自動車におけるセキュリティ動向
    セキュリティ分析を実施するための方法論と提示すると共に、セキュリティ技術で先行する自動車産業における取組みを紹介し、知見を深める。

開催要領

  1. 講師:MHIエアロスペースシステムズ/IDAJ/ウインドリバー
  2. 開催日:2021年8月19日(木) 15:00~17:00
  3. 開催場所:Webセミナー
  4. 予定参加者数:70名程度
  5. 参加条件:
    ・民間航空機事業への新規参入をご検討されている企業のエンジニア等
    ・既に民間航空機ソフトウェア開発を実施されている企業の初級エンジニア等

申し込み方法

以下のURLより参加の申し込みをお願い致します。(こくちーず(告知’s)を使用しております)

https://kokucheese.com/event/index/613744/

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ARP4754は航空機開発において重要視されている開発保証に対し適用可能なガイドラインである。
  2. 民間航空機の装備品は、国際認証ガイドラインに準拠した開発により、FAA(米国連邦航空局)等からの認...
  3. 第1部 静的コード解析手法を提供するPolyspace紹介第2部Polyspaceを利...
  4. 民間航空機に搭載される装備品に対して国内外の航空当局より認証を受けることは商品性に大きなメリットが...
  5. 航空機装備品認証技術コンソーシアム(CerTCAS)は、2021年4月1日の設立以来、民間航空機、...