活動案内

[参加募集]環境試験初級編セミナー

  • 2021.11.17

RTCA/DO-160G航空機搭載機器の環境試験規格DO-160Gの概要について説明します。

セミナー内容

総論RTCA/DO-160Gとは、その位置づけについて
航空機に搭載される電子・電気機器は、温度・高度・振動など、多様かつ過酷な環境条件の下でも安定して動作しつつ、EMC(電磁両立性)も備えていることが求められます。RTCA(航空無線技術委員会)が策定するRTCA/DO-160Gはこれらの環境条件と試験手順を包括的に定めた規格です。初心者の方を対象に規格に規定される試験方法(特に、着氷試験・防爆試験、高速温度変化試験、燃焼・耐火性試験、EMC試験について)を概観しつつ、規格の存在意義など、背景を知って頂く。

開催要領

  1. 講師: エス・バード
  2. 開催日:2021年12月16日(木) 15:00-16:30
  3. 開催場所:Webセミナー
  4. 予定参加者数:70名程度
  5. 参加条件:
    ・航空機搭載機器の環境試験規格RTCA/DO160を知りたい方
    ・企業にて環境試験を経験されている方
    ・環境試験に興味のある方
    ・継続参加が可能な方

申し込み方法

以下のURLより参加の申し込みをお願い致します。 (Googleフォームを使用しております)

https://forms.gle/AxRc41ppNK56o3bf9

企業のセキュリティポリシーの関係でGoogleフォームにアクセスできない方は、お手数ですが、以下のメールアドレスまで参加申し込みをお送りください。
certcasofficial(アットマーク)aida.or.jp

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ARP4754は航空機開発において重要視されている開発保証に対し適用可能なガイドラインである。
  2. 民間航空機の装備品は、国際認証ガイドラインに準拠した開発により、FAA(米国連邦航空局)等からの認...
  3. 第1部 静的コード解析手法を提供するPolyspace紹介第2部Polyspaceを利...
  4. 民間航空機に搭載される装備品に対して国内外の航空当局より認証を受けることは商品性に大きなメリットが...
  5. 航空機装備品認証技術コンソーシアム(CerTCAS)は、2021年4月1日の設立以来、民間航空機、...