活動案内

[参加募集] DO-178C初級編セミナー

  • 2021.7.2

民間航空機の装備品は、国際認証ガイドラインに準拠した開発により、FAA(米国連邦航空局)等からの認証が必要となっている。国内では特にソフトウェア認証の経験が不足しており、市場参入の大きな障壁となっている。本セミナーでは、民間航空機のソフトウェア開発ガイドラインであるDO-178Cを中心に、民間航空機の認証について学習する。

セミナー内容

  1. 航空機認証の概要
    ・民間航空機の耐空証明取得の基本的な流れを解説する。
    ・民間航空機の機体、システム及びアイテム(ソフトウェアと電子ハードウェア)の開発の基本的な開発の流れを解説する。
    ・関連するガイドライン文書の位置付けを解説する。
  2. DO-178の役割と特徴
    ・ソフトウェア認証におけるDO-178Cの役割とDO-178Cの特徴について解説をする。
  3. DO-178Cの概要
    ・DO-178Cのプロセスの全体像及び各プロセスの概要を解説する。
    ・DO-178Cの関連文書について解説する。

開催要領

  1. 講師:MHIエアロスペースシステムズ株式会社
  2. 開催日:2021年7月30日(金) 15:00~16:30
  3. 開催場所:Webセミナー
  4. 予定参加者数:70名程度
  5. 参加条件
    ・民間航空機事業への新規参入をご検討されている企業のエンジニア等
    ・既に民間航空機ソフトウェア開発を実施されている企業の初級エンジニア等

参加申し込み方法

以下のURLより参加の申し込みをお願い致します。(こくちーず(告知’s)を使用しております)

https://kokucheese.com/event/index/613702/

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ARP4754は航空機開発において重要視されている開発保証に対し適用可能なガイドラインである。
  2. 民間航空機の装備品は、国際認証ガイドラインに準拠した開発により、FAA(米国連邦航空局)等からの認...
  3. 第1部 静的コード解析手法を提供するPolyspace紹介第2部Polyspaceを利...
  4. 民間航空機に搭載される装備品に対して国内外の航空当局より認証を受けることは商品性に大きなメリットが...
  5. 航空機装備品認証技術コンソーシアム(CerTCAS)は、2021年4月1日の設立以来、民間航空機、...