沿革

イニシアティブの時代

2018年4月JAXAの次世代航空イノベーションハブの主導の下、JAXAと装備品メーカー5社を発起人として「航空機装備品ソフトウェア認証技術イニシアティブ」を設立。
2019年3月第1回航空機装備品認証技術オープンフォーラムを開催。
2020年2月装備品ソフトウェア認証技術セミナーを開催。
2020年4月ソフトウェアWG、システムWG、環境試験WGを設立し、対象とする認証技術の幅を広げた活動を展開。
2020年12月以下の2件のセミナーをオンライン形式で開催。
1. ARP4754A初級編セミナー
2. 航空機システムの最新技術紹介(IMA)
2021年1月以下の3件のセミナーをオンライン形式で開催。
1. ARP4754A及び適合性証明計画書(CP)に関する研究会
2. 民間航空機セキュリティ研究会
3. AS/EN/JISQ9100航空宇宙品質マネジメントシステム認証及び特殊工程認証Nadcapについて
2021年2月以下の2件のセミナーをオンライン形式で開催。
1. DO-331実践的トレーニング
2. 環境試験研究会
2021年3月第2回航空機装備品認証技術オープンフォーラムをオンライン形式で開催。
2021年3月航空機装備品認証技術コンソーシアム(CerTCAS)に引き継ぐ形でイニシアティブの活動を終了。

CerTCASの時代

2021年4月航空機装備品ソフトウェア認証技術イニシアティブを引き継ぐ形で一般社団法人 航空イノベーション推進協議会の委員会のひとつとして「航空機装備品認証技術コンソーシアム(CerTCAS)」を設立。

ピックアップ記事

  1. 現在、航空機業界では、世界的に電動化、電動推進の技術革新が加速している。
  2. 航空機開発において重要視されている安全性解析に対し適用可能なガイドライン: ARP4761について...
  3. 航空機搭載ソフトウェアの複雑化に伴い、モデルベース開発手法による効率化が模索されている。
  4. 航空,宇宙及び防衛産業で扱う製品には、その用途から法令・規制・顧客により厳しく管理された産業要求事...
  5. 民間航空機における最新技術分野としてIMA(Integrated Modular Avionics...