目的・目指す姿

目的

CerTCASは、民間航空機装備品に必要な認証活動を支援し認証基盤と連携体制を構築することにより、航空機産業の発展に資することを目的として、一般社団法人 航空イノベーション推進協議会(AIDA)定款に規定する委員会として設置しました。
民間航空機のみならず、空の産業革命と呼ばれている無人航空機(ドローンを含む)や空飛ぶクルマの開発において機体認証、型式認証は日本国内の共通の課題となっています。その様な状況の中で、認証全般に関わる技術、ノウハウ、知財を集約した組織体として、国内の航空機産業の振興を支える役割を担うことを目的とします。

目指す姿

  1. 日本国内の航空機(民間航空機、無人航空機、空飛ぶクルマ)の認証関連技術を集約した場となる。
  2. 航空機の認証技術習得に関する民間資格を設立する。
  3. 航空局と技術的な連携関係を築き、技術面で支え合える関係となる。
  4. 海外の機関(RTCA、SAE International、EUROCAE等)と連携関係を築き、標準改訂に参画する。

ピックアップ記事

  1. ARP4754は航空機開発において重要視されている開発保証に対し適用可能なガイドラインである。
  2. 民間航空機の装備品は、国際認証ガイドラインに準拠した開発により、FAA(米国連邦航空局)等からの認...
  3. 第1部 静的コード解析手法を提供するPolyspace紹介第2部Polyspaceを利...
  4. 民間航空機に搭載される装備品に対して国内外の航空当局より認証を受けることは商品性に大きなメリットが...
  5. 航空機装備品認証技術コンソーシアム(CerTCAS)は、2021年4月1日の設立以来、民間航空機、...