活動案内

[参加募集]ARP4754A 初級編セミナー/ 適合性証明計画書に関する研究会(第1回)

  • 2021.8.17

航空機開発において重要視されている開発保証に対し適用可能なガイドライン: ARP4754A についての概要を理解する。加えて、ARP4754A及び適合性証明計画書(CP)に関する研究会の第1回を同時開催し、適合性証明計画書(CP)の基礎的な知識を習得し、当該研究会の第2回目以降への基礎を固める。

セミナー内容

<ARP4754A初級編セミナー>
航空機開発(装備品を含む)において必要となる開発保証ガイドラインであるARP4754A について、概要を理解いただくための初級セミナーを開催する。
ARP4754Aは、有人航空機(大型航空機、小型航空機、回転翼機等)の開発保証活動に対するデファクトスタンダードであり、その概念は無人航空機、空飛ぶクルマ等の開発においても参考となる。
また、ARP4754A は説明を 1 度聞いただけでは、雰囲気はイメージできたとしても、実際に実施するには難しく、更なる理解が必要であるため、『ARP4754A及び適合性証明計画書(CP)に関する研究会』を別途計画している。本セミナーは、当該研究会に向けた基礎知識を提供する。

【説明内容】
1. Scope
2. Reference
3. Planning
4. Development Process
5. Integral Process
5.1 Safety Assessment
5.2 Development Assurance Level Assignment
5.3 Requirement Capture
5.4 Requirement Validation
5.5 Verification
5.6 Configuration Management
5.7 Process Assurance
5.8 Certification and Regulatory Authority Coordination

<ARP4754A及び適合性証明計画書(CP)に関する研究会(第1回)>同時開催
Software 等が組み込まれる装備品の認証活動を実施するあたり、その活動計画について当局の合意を得る必要がある。当局と合意を得る手段として活用する適合性計画書(CP)は、航空機またはシステム開発の開発保証のガイドラインである ARP4754A を活用し作成することが望ましい。第1回の研究会では、APR4754A の概要を理解いただいた方を対象に、装備品開発への活用方法について説明を行い、第2回の研究会に必要な基礎知識の理解を深める。

開催要領

  1. 講師: 多摩川精機株式会社/有人宇宙システム株式会社
  2. 開催日:2021年9月9日(木) 14:00-16:00
  3. 開催場所:Webセミナー
  4. 予定参加者数:70名程度
  5. 参加条件:
    ・認証活動実施を具体的に考えている方、興味のある方

申し込み方法

以下のURLより参加の申し込みをお願い致します。(こくちーず(告知’s)を使用しております)

https://kokucheese.com/event/index/615478/

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ARP4754は航空機開発において重要視されている開発保証に対し適用可能なガイドラインである。
  2. 民間航空機の装備品は、国際認証ガイドラインに準拠した開発により、FAA(米国連邦航空局)等からの認...
  3. 第1部 静的コード解析手法を提供するPolyspace紹介第2部Polyspaceを利...
  4. 民間航空機に搭載される装備品に対して国内外の航空当局より認証を受けることは商品性に大きなメリットが...
  5. 航空機装備品認証技術コンソーシアム(CerTCAS)は、2021年4月1日の設立以来、民間航空機、...