活動案内

DO-178C初級編セミナー報告

  • 2021.8.2

2021年7月30日(金)15:00~16:30にDO-178C初級編セミナーを開催しました。セミナーはWeb形式で行われ、55名の方々に参加していただきました。MHIエアロスペースシステムズ株式会社の松山氏が司会進行を担当し、同社の中川西氏により、民間航空機のソフトウェア開発ガイドラインであるDO-178Cを中心に、民間航空機の認証について、次の内容を解説しました。
1. 航空機認証の概要
2. DO-178Cの役割と特徴
3. DO-178Cの概要

途中と最後に質疑応答の時間を設けて、チャットで寄せられた質問に対して回答する、と言う形態で行いました。いくつかの質問をいただきましたが、無人航空機や空飛ぶクルマの機体認証の動向に関わる質問や、航空機・システムレベルのARP4754Aとの関連に関わる質問もあり、民間航空機のソフトウェアだけでなく幅広く興味を持たれた方々にご参加いただいたようでした。無人航空機やシステムレベルの認証に関しても別途、CerTCASとしてセミナーを計画しておりますので、併せてご参加いただきたいと思います。

セミナー終了後のアンケートでは、概ね期待通りのセミナーであったとお答えいただきました。また、今後、CerTCASでの開催を希望するセミナーなども多くのご意見をいただきました。参考とさせていただきます。今年度、CerTCASとしての初めてのセミナーでしたが、皆さんのご協力もあり有益なセミナーができたと思っております。ご協力に感謝致します。

なお、セミナーで使用しました資料は、CerTCAS会員限定ですが、このホームページのメニュー「技術資料」より期間限定で(8月末まで)、ダウンロード可能となっております。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ARP4754は航空機開発において重要視されている開発保証に対し適用可能なガイドラインである。
  2. 民間航空機の装備品は、国際認証ガイドラインに準拠した開発により、FAA(米国連邦航空局)等からの認...
  3. 第1部 静的コード解析手法を提供するPolyspace紹介第2部Polyspaceを利...
  4. 民間航空機に搭載される装備品に対して国内外の航空当局より認証を受けることは商品性に大きなメリットが...
  5. 航空機装備品認証技術コンソーシアム(CerTCAS)は、2021年4月1日の設立以来、民間航空機、...